2013年02月15日

与沢翼には、恥も外聞もないのか!!


【相変わらず厚顔無恥の与沢翼】

 与沢翼は自分の話を無料で公開しているので、何か参考になる事はあるかと思って聞いているのですが、相変わらず、偉そうに口八丁手八丁で、立て板に水を流すごとくにしゃべっていますが、いくつかの点で『?』と思う所があります。

 発言内容を紹介して、それに対する解説をすればわかりやすいかも知れませんが、それでは手間がかかるので解説を中心に紹介します。

 発言内容は下記の U.R.L. で《『情報業界構造改革』第二章》と言って紹介している2本目の動画で言っている事が中心です。(1本目も「いくら儲けた」「いくら稼いだ」という自慢話ばかり〜)
 【与沢翼×蝶乃舞】のプレミアム対談


【2本目の動画の後に質問】

 2本目の動画の後に下記の様な質問があり、コメント欄に記入する様に書かれていましたが、どうせ、自分たちにとって都合の悪い内容だと最初から承認せず、表示されないでしょうから、質問に返答する形で、ここに書きます。

@今のアフィリエイターの地位を少しでも高めていく為にはどうしたら良いか。

 まず、どうして、アフィリエイターが馬鹿にされているか、その理由を確認して、それを改善すれば良い。

 アフィリエイターは本心を言って販売をしているか? クズ商材、詐欺商材を誇大広告をして売っていないか? もし、内容を知らずにクズ商材、詐欺商材を売っているのなら無責任で馬鹿にされるのは当たり前。

 ふたこと目には「いくら儲けた」「いくら稼いだ」と言うのは品がない。 安倍総理、オバマ大統領、ノーベル賞を受賞した山中教授やアウンサンスーチーさんが、「いくら儲けた」「いくら稼いだ」と言っているのを聞いた事がありますか? 「いくら儲けた」「いくら稼いだ」という話は下品なので馬鹿にされるのは当たり前。 (アフィリエイターという商売は「いくら儲けた」「いくら稼いだ」という言葉を使わないと成り立たない商売なら商売自体が馬鹿にされるのは当たり前)


【顧客満足度】

 情報商材のアフィリエイターの粗利益率が高いのも『まともな商売でない』と思われる理由の1つでしょう。アマゾンや楽天などの商品のアフィリエイトは1〜5%が普通なのに情報商材のアフィリエイトだと2割3割は当たり前で5割を超えるものもあるでしょう。これでは「価値のないものを高く売っている」「本来、もっと安く買えるのではないか?」という疑惑を持たれ、『まともな商売ではない』と思われても仕方がないでしょう。

 店舗を構えて、商品を仕入れて、在庫を持ってやっている商売でも粗利益が20〜30%が普通でしょう。それなのに「店舗不要」「在庫不要(仕入れ資金不要)」の情報商材の粗利益が20〜30%、50%を超えるものもあるという事は『購入者が高いものを買わされている』という事にならないか?  これを判断する上で『顧客満足度(情報商材を買った人が満足しているか?)』で判断すれば良いが『情報商材を購入した人の顧客満足度』を調査したデータはあるのか?  『革命』などと大きな事を言うのなら、まず、『情報商材を購入した人の顧客満足度』を調査するべきでしょう。


【2つ目の質問】

A今回の対談の感想をお書き下さい。

 感想は1つ目の質問の返答に、ほとんど書いたです。 こちらからの質問・疑問なら、たくさん、あるので書きます。

・情報商材の妥当な値段の算出方法について。
・妥当な値段で販売されている情報商材は、どの位あるか?
・商材を買った人の何%が満足していると思うか?
・今まで自分がアフィリエイトした商材に「クズ商材」はないか?
・「クズ商材を売った事はない」のなら、それはどういう方法で確認したのか?


【与沢翼が誇大広告をしていないのなら〜】

 与沢翼が誇大広告をしていないと言うのなら、以前、『今世紀最強のSEOツール』と大風呂敷を広げて販売していたツール『Tiger-Wing』の具体的な成果を紹介したら、どうですか?  『具体的な成果』とは『ツールが売れた数』ではなく、『ツールを使って実際に上位表示されてビジネス的にも大きな成果があった』という例を実名を上げて紹介する事です。 (売ってしまった後なので、そんな事はどうでも良いのかな?)
 ただ単に「1位になった」「2位になった」だけでは、こちらは確認できないので、実名をあげて紹介するべきです。(2本目の動画で「アフィリエイターが情報商材以外の企業でも成果を出している」という説明があったけど、これも企業の実名を上げないと、いくら法螺を吹いても確認できないです)





posted by 本性を暴け! at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

法律違反を自慢げに話す与沢翼


【与沢翼は無知か悪質か】

 与沢翼は下記の動画で「自分の著書の本をアマゾン総合1位を取る為に夜9時から12時の間に買った人に300万円くらい使ってDVDや会食の経費の景品を付けてアマゾン総合1位を取り(これは赤字だが)、アマゾン総合1位になった事を宣伝文句にして多くの本を売った」と自慢げに話しています。

http://www.youtube.com/watch?v=M6HvUo4caSs&feature=youtu.be
<1:31:00>頃から<1:35:40>頃まで
<1:54:15>頃から<1:55:52>頃まで
《すべて見ると2時間半以上かかるので問題の発言の部分の時間を表示しています。この動画(問題の部分)を削除される恐れがあるのでデータは保存しています。》

 しかし、こういう行為は下記の通り、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」に違反しています。

不当景品類及び不当表示防止法第三条(景品類の制限及び禁止)
 内閣総理大臣は、不当な顧客の誘引を防止し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を確保するため必要があると認めるときは、景品類の価額の最高額若しくは総額、種類若しくは提供の方法その他景品類の提供に関する事項を制限し、又は景品類の提供を禁止することができる。

http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_7.pdf
1.一般消費者に対して懸賞(「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」(昭和五十二年公正取引委員会告示第三号)第一項に規定する懸賞をいう。)によらないで提供する景品類の価額は、景品類の提供に係る取引の価額の十分の二の金額(当該金額が二百円未満の場合にあつては、二百円)の範囲内であつて、正常な商慣習に照らして適当と認められる限度を超えてはならない。


 つまり、抽選ではなく、買った人の誰にでもつけるオマケは「商品の価格の十分の二の金額(これが二百円未満の場合二百円)以内」と決められており、与沢翼がやった様な商品の値段以上のオマケをつけて、売れたかの様に見せかけて『売り上げ1位』を宣伝文句に使う事を禁止しているのです。

 与沢翼は景品表示法を知らなかったのなら、ただ単なる無知な人間で、もし、知っていてやったのなら悪質な人間と言えるでしょう。果たして、どちらなのでしょう。


【非常識な方が目立って話題になる?】

 他の動画で与沢翼は「当たり前の事を言っていても目立たず、非常識な言動の方が話題になり、注目される。批判は一時的なもので気にする必要はない」と言っています。 なので、ここで、この様に書いている事も《与沢翼の思う壺》《想定の範囲内》と言われるのかも知れません。

 しかし、法律違反をしている人間が大きな顔を出来るのなら、真面目に法律を守っている人間は『正直者がバカを見る』という事になるでしょう。(現在でも『正直者がバカを見る』という例はいくらでもあるでしょう)

 「法律違反を自慢げに話して、非常識な言動の方が話題になり、注目される」という態度がまかり通る事に疑問に思う人は多くの人が消費者庁に景品表示法違反に連絡すると何か対策がされるかも知れません。

消費者庁
http://www.caa.go.jp/representation/index.html
景品表示法違反被疑情報提供フォーム
http://www.caa.go.jp/representation/disobey_form.html


【こんな人間の話を有難がって聞く?】

 無料で与沢翼が己の無知を披露する話が公開されていたので興味本位で話を聞いたけど、こんな人間の話をお金を出して有難かった聞く人間がいる事には驚きです。
 「与沢翼の被害にあった人」「こんな人間を野放しにして(汗を流して働く人がいなくなれば)社会が滅茶苦茶になる」と思う人は『ある案』があるのでコメント欄からE-Mail addressを入力の上、連絡を下さい。『ある案』は公開しない方が良く、E-Mail addressは一般には公開されません。



posted by 本性を暴け! at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

これは「上手な商売」「下手な商売」「悪どい商売」?


【この文章を読んで、どう思いますか?】

 与沢翼も紹介しているメールマガジンに、こんな事が書いてありました。 例文として、わかりやすい文章だったので引用して紹介します。

******************** from ********************
 数年前にこんな事が起こりました。彼の名は“ジョークマー”シンガポールに住む20歳の学生です。
 彼はインターネットを使い、半年で3000万を稼ぎ出しました。どんな事をやったのでしょうか?
 20歳の彼には、売れる情報を作成する技術などは当然のことながら持ち合わせていませんでした。「そうだよ。」とあなたは頷くかもしれません。
 もしそう思うならこの続きの話はかなり貴方の人生に取って、響くメッセージになります。
 ジョーはアメリカの、イーベイなどのサイトで情報が売られている事に気が付きました。彼は、有名なインフォプレナーのリストアップを行い。そして彼らに、下記の様なメールをしたそうです。(情報販売をする人の事をインフォプレナーと呼びます)

--------------------------------------------------------
●●様
 こんにちは、貴方は突然すべてのお金と共に、地位や名誉を失ってしまいました。貴方に残ったものはこれまでに学んで来たマーケティングと知識と経験だけです。しかも貴方には、大きな借金があります。最速の電話が来ます。
 幸運にも電話と後1ヶ月間インターネットは使えます。これまで気づいて来たネームバリューも無ければ友人もいません。貴方は新参者です。インターネットが使える30日間で貴方はこの苦境をどうやって脱出しますか?
--------------------------------------------------------

 これをまとめ上げ、情報として販売し、3000万を稼いだと言われています。真に何も無しからの情報販売で、一瞬で3000万もの大金を掴んだのです。この様に情報販売は、一発逆転の夢が、アフィリエイトなんかよりも何十倍も高く、そしてその成功率も高い方法です。(ただし、的確なノウハウがあれば)
******************** end ********************


 さて、この文章を読んで、あなたはどう思いましたか?

T.上手な商売をしたと思う。
U.下手な商売をしたと思う。
V.悪どい商売をしたと思う。


【T.上手な商売をしたと思う人は要注意!?】

 具体的に「どういう情報を販売したのか?」がわからないので、明確な返答は出来ないですが、「U.下手な商売をしたと思う」か、「V.悪どい商売をしたと思う」と考えるべきでしょう。

 なぜなら、「本当に利益が出る方法」ならアルバイトでも雇って事業化すれば、もっと大きな利益が得られるし、合理化にして低価格で多くの人に提供すれば、多くの人に喜ばれた筈で、そんなビジネスチャンスを逸した訳で、「U.下手な商売をした」としか言えません。

 もしくは、実際は利益の出ない方法を『貴方はこの苦境をどうやって脱出しますか?』などという表現を使って売ったとしたら、「V.悪どい商売をした」としか言えないでしょう。

 「T.上手な商売をしたと思う」という人は「自分も同じ様に儲けたい」と考えて、「これだけ儲かる」という高額の塾や商材に手を出してしまうでしょう。
 「この塾に入れば、もしくは、この商材を買えば、これだけ儲かる」という宣伝文句を使えば、人は簡単にお金を出してしまうものです。


posted by 本性を暴け! at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

《今世紀最強のSEOツール》が「大風呂敷だ」と言う理由


【SEOのルールは公開されていない】

 《SEO》とは検索エンジンで上位に表示させる方法ですが、『どういうルールで順位を決めているか?』については公開されていません。

 検索エンジン会社にとって大事な事は『検索エンジンを利用する人が求める情報を提供する事』であり、『どういうルールで、どういうサイトを上位に表示させれば良いか?』という事については、検索エンジン会社も試行錯誤しており、そのルールを公開する必要はないし、ルールを公開すると、そのルール悪用して意図的に上位に表示させる連中が出てくるのでルールを公開すると逆効果になる恐れがあるので公開されていません。(例えば、被リンクが多いサイトを上位表示されるとわかると、被リンクの為に内容のない屑サイトを大量に作って上位表示させようとする連中が出てきて屑サイトが溢れるという悪影響を与える)

 また、検索エンジン会社は『検索エンジンを利用する人が満足する情報を提供する為』、随時、そのルールを変更しています。


ハッタリ大風呂敷

 『ルールが公開されていない』『ルールが頻繁に変更される』という状況で、《今世紀最強のSEOツール》などと言える訳がないです。

 もし、これが次世紀まで何ヶ月という状況なら言えるかも知れないですが、まだ、今世紀は始まったばかりなので《今世紀最強のSEOツール》というのは《》《ハッタリ》《大風呂敷》としか言えないです。

 与沢翼が悪びれる事もなく、堂々と『今世紀最強のSEOツール』と宣伝している動画の U.R.L. は下記の通りです。
http://highmarketing.me/seo-tool/?p=10


【余談・・・ルールについて】

 「ルールが公開されていて、変更がない」という例は「囲碁」「将棋」「チェス」「オセロ」といったゲームがあります。

 しかし、スポーツでは、よくルールが変わります。 技術や用具の進歩にあわせてルールを変更した例やある国の選手が強すぎるので、その国の選手が不利になる様にルールを変更した例もある様です。
 例えば、ベルリンオリンピック(1936年)やヘルシンキオリンピック(1952年)では、平泳ぎの種目でバタフライで泳ぐ選手がいましたが、バタフライの選手が好成績をおさめたので、メルボルンオリンピック(1956年)からバタフライを平泳ぎと別の種目にして競技をする様になりました。(走り高跳びでメキシコオリンピックでフォスベリーが背面跳びで優勝しましたが、走り高跳びでは背面跳びを禁止するルール変更がなかったので今では背面跳びが主流となっているという例もあります)
 道具の進歩についてもスピードスケートのスラップスケートはルール変更はなく、水泳の高速水着はルール変更により禁止になっています。

 スポーツなどのルールを変更する理由には「面白くする為」の他に「健康の為に良くない」という例もある様です。 「面白くする為」の中には「ハンディが大きい過ぎる」「勝ち過ぎる」ので面白くする為という例があります。 「囲碁」「将棋」「チェス」「オセロ」といったゲームでも「必勝パターン」が考案されるとルールも変わるかも知れません。

 《SEO》についても、もし、本当に 《今世紀最強のSEOツール》が出来ると、同様に『面白くする為』にルール変更がされると考えるのが自然ではないでしょうか?(検索エンジン利用者は、高価なツールを買ったり、高価な塾を受講して、意図的に上位表示させてサイトばかりが表示される事を望んでいない筈ですから〜)



posted by 本性を暴け! at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

与沢翼は「紀元前」「紀元後」の意味も知らない!?


【与沢翼は己の無知を披露?!】

 与沢翼は偉そうな事を「立て板に水を流す」ごとくにしゃべるので、それに騙される人も多いかと思います。 今回、クリス岡崎なる人物との対談で「紀元前と紀元後くらいの激変〜」と話していましたが、少しキリスト教や西洋史を知っている人なら「何を馬鹿な事を言っている」と一笑に付すでしょう。


【紀元元年は、どういう年?】

 「紀元」とは一般的に「キリスト紀元」の事で「西暦」とも言われ、「イエスキリストが生まれた年」をキリスト紀元元年として、ローマの修道士で神学者のディオニュシウス・エクシグウスというローマの学者が532年に算出して、ローマ法王に認められて定められたものです。
 しかし、現在では「実際にイエスキリストが生まれた年は紀元前4年頃」というのが定説となっています。 その理由は、新約聖書に「ヘロデ大王が新しい王(イエスの事)が誕生したと耳にして、自分の地位が脅かされる事を恐れて2歳以下の幼児を虐殺する命令を出した為、イエスと両親がエジプトに避難した」という記述がありますが、ヘロデ大王は紀元前4年に死んでおり、つじつまが合いません。
 西暦は532年にローマ法王に認められましたが、実際にヨーロッパで広く西暦が使われる様になったのは10世紀頃からと言われています。 「B.C.50年と書かれてコインがあっても、それは偽物」という笑い話がありますが、同様に「A.C.500年と書かれたコイン」があっても、それも偽物です。

 そして、肝心な点、イエスキリストが誕生して世の中が激変した訳ではありません。 イエスキリストが布教活動を始めたのは30歳を過ぎてからで、その後、イエスキリストは処刑され、ローマ帝国も最初はキリスト教を弾圧していたけど、弾圧できないとわかると、今度はキリスト教を利用して統治しようとして、このあたりからキリスト教が西洋史に大きな影響を与える様になったのです。 「紀元前と紀元後の境」はイエスキリストが4歳位の頃で、この頃、歴史上、社会が激変した事実は確認されていません。

 対談相手のクリス岡崎は「カトリック牧師とボランティアをしていた」と言っていますが、キリスト教を少し知っている人なら紀元元年がどういう年か知っていて、訂正や説明をする筈ですが、クリス岡崎はその辺について何も言っておらず、与沢翼と同様、口先だけが達者な無知な人間なのかも知れません。


【ある時期を境に激変した例】

 ある時期を境に激変した例として、世界が激変した例は人間の歴史上ではちょっと思いつかないです。 人間が出現する前の地球上の出来事なら恐竜が絶滅した原因になったと言われている「隕石の落下」でしょうか?
 日本だけに限れば「明治維新」「第二次世界大戦」を境に社会が激変したと言えます。


【与沢翼が己の無知を暴露している話を聞きたい人は〜】

 与沢翼とクリス岡崎が己の無知を暴露している怪しい話を聞きたい人は下記の U.R.L. で動画を見る事ができます。最後の方の24分あたりです。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-U16X2xo-Sk


posted by 本性を暴け! at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。