2013年10月07日

与沢翼は『富の再分配』の意味も知らないのか?


【相変わらず、口先で大きな事を言って〜】

 下記の U.R.L. の動画で、与沢翼は相変わらず、偉そうに口先で大きな事を言っており、その中で下記の様な事も言っています。

http://webmovie-academy.com/3000man/01shinzinrui/

<11分32秒あたり>
富の再配分というね
再分配でもいいんですけども
言葉を私は設定していて



【《富の再配分》の言葉の意味】

 《富の再配分》の言葉の意味については、皆さんも自分で調べてみて下さい。

 《富の再配分》とは国家などの組織が貧富の差を是正する為の制度で、その一例に『累進課税』と『生活保護』があり、多くの収入を得た人から多くの税金を徴収し、収入の少ない人に生活保護という形で支給して貧富の差を是正するという考え方です。

 しかし、与沢翼は、こちらで紹介している通り、 『努力をした人間の足を引っ張って結果を平等にしろっていうのが日本の社会なんですよ。誰かが稼ごうとすると引きずりおろして、お前が金稼いだ金、みんなで分配しろと〜(省略)これは資本主義じゃない』 と言って、累進課税による《富の再配分》を批判しています。


【アンドリュー・カーネギーの行為を《富の再配分》と言うか?】

 鉄鋼で成功した米国のアンドリュー・カーネギーは多くの図書館などを寄付した事で有名ですが(その総額は与沢翼の所得と比較にならない)、カーネギーの行為を《富の再配分》と言うでしょうか?  一般的には、こういう行為は『寄付』『慈善行為』と言って、《富の再配分》とは言いません。
 つまり、個人で行う行為は《富の再配分》とは言わない事を与沢翼は知らないのか、それとも知っていて、ただ単に「覚えたばかりの言葉を使いたくて仕方なくて」、間違った使い方をしたのでしょうか?


【《寄付金控除》という制度も〜】

 「『累進課税』『生活保護』という形で国が《富の再配分》をすると言っても役人が税金の無駄遣いをするので信用できない」という人に対しては、自分の信頼できる組織や形で寄付をして、それが一定の基準を満たしていれば《寄付金控除》と言って税金の控除が受けられる制度があります。

 つまり、「自分で《富の再配分》をやりたい人は自由にやれば良い。その分、税金は安くする」という制度がちゃんとあります。 与沢翼も《富の再配分》について述べる以上、この位の事を知っていないと、大きな事を言う資格はないです。

 但し、《寄付金控除》を受けるためには『一定の基準を満たしている』必要があり、与沢翼の言っている《富の再配分》は誤魔化しで、みんなが認める基準を満たしていないので《寄付金控除》を受ける事はできないです。


【身内に与えるのは《分け前》】

 また、前記の動画で下記の様な事も言っています。

<12分40秒あたり>
私の近くによってきた人たちに
近づいてくれた人たち
信じてくれた人たちに
富の再配分をしたい
そういう思いがあったから


 ここでも与沢翼は明らかに間違った事を言っています。 知っている人や近づいてきた人に《お金》を与えるのは『利益の分配』『利益の還元』『分け前を与える』『餌を与える』という表現をして《富の再配分》という言葉は使いません。


【《無料》という言葉を餌にして〜】

 今まででも「紀元前」「紀元後」の意味もよく知らず、偉そうな事を行ってきましたが、与沢翼の発言には『無知で間違った発言』と『意図的に騙す為に間違った言葉の使い方をした発言』があります。

 前記の動画の中に下記の様な発言があります。

<8分7秒あたり>
このノウハウというものを無料で
みなさんにノウハウを提供しなければいけないという事でですね
ウェビナーを進めるためだけに〜


 しかし、その次の動画では「転売ビジネス」を紹介して「在庫を持たずに利益率2〜3割の商品の探し方」を一生懸命に説明していますが、肝心な仕入先について具体的には何も言わず、「その先の説明は高額塾で〜」というお決まりのパターンでした。
 『 無料でみなさんにノウハウを提供 』というのは、嘘・ハッタリで、ただ単なる高額塾に誘う為の『撒き餌』です。


【与沢翼は『批判する人もいる』と言っているが〜】

 与沢翼は『批判する人もいる』と言って、具体的に「『レオパレスに住んでいる。レンタカーを借りている』と書いているのは嘘」と反論もしていますが、このブログに書かれている事については何も反論はありません。
 そりゃそうでしょう。このブログに書いている事は『的を射た批判』なので、何も反論する事ができないのです。
 もし、与沢翼が反論をしてくれば、こちらも、それなりに対応します。 しかし、与沢翼はこのブログの内容に反論すれば『墓穴を掘るだけ』なので反論はできないでしょう。

 正直に言って、与沢翼は『間違った事を偉そうに言う』態度が不愉快で『キモイ』です。(元々、公に外見を批判するのは好きではありませんが、あのブタの様な顔は気持ち悪いです)
 しかし、話を十分に聞かずに頓珍漢な批判をするのは不適切だし、また、与沢翼の口先に騙される被害者が増えない事を願って、与沢翼の動画の言葉を正確に書き留めて適切な批判を続けるつもりです。


【与沢翼から間抜けな内容のメール】

 与沢翼から、また、抜けな事を書いたメールが送られてきました。 その内容を要約すると下記の通りです。

タイトル【増税に対して私たちが取れる2つの行動】

1つ目は、「従うこと」
 これはもうしょうがないと腹をくくり、仕事を頑張って給料を上げてもらうか、とにかく節約、節約、節約。今まで以上に質素な生活を送るか。

2つ目は、「収入を増やすこと」
 消費税が高くなるのであれば、本職以外に収入源を作り出す。この考えですね。


 さて、「実際の行動して実現できる可能性のある人」は「1つ目」が90%以上で、「2つ目」は10%以下でしょう。 「実行する人」はいても「実現できる可能性のある人」は少ないでしょう。 今まで寝ていた深夜の時間帯にコンビニなどで働けば実現出来るでしょうが消費税の為にそこまでやる人がいるでしょうか?


【他にも方法はある】

 実現の可能性の低い事なら【増税に対して私たちが取れる2つの行動】ではなく、他にもいくつか方法はあります。頭の体操なら、これ以外にも方法はあると思うので、みなさんも考えてみて下さい。(例えば、どこかの国の大統領になるとか独立国を作って消費税のない国にするとか〜です)

《消費税のない国に生活の拠点を移す》
 消費税のない国は、香港、マカオ、ブルネイ、リビア、バハマ、サウジアラビア、カタール、クウェートなどがあります。

《自給自足と物々交換が中心の生活をする》
 日本に住んでいて、完全に自給自足と物々交換の生活をするのは難しいでしょうが、大半(80%以上)を自給自足と物々交換の生活をする事は不可能ではないでしょう。(同じ考え方の仲間がいればやりやすくなるでしょう)


 与沢翼がこんな間抜けな内容のメールを送ってきたのは「収入を増やすこと」を推奨し、その為に「与沢翼の高額塾に入れ!」とPRしたいだけで、与沢翼は間抜けな内容でも頻繁にメールを送れば、引っかかる(高額塾にお金を払う)人間が出てくると思っているからでしょう。

 正直に言って私などは「よく考えて」「この内容で間違いはない」と確かめてからでないと公言できないので、このブログを更新の間隔が空く事もあります。(与沢翼の様に毎日の様に間違った内容を平気で発信する事は出来ないです)




posted by 本性を暴け! at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろく読ませていただきました。

痛快です。

富の再分配を推奨していない私も賛同できる内容でした。

これからも訪問させていただきます。

応援クリックしておきました。

更新楽しみにしています。
Posted by ぼすっち at 2014年01月17日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。