2013年05月08日

《与沢翼の高額塾》と《ネズミ講》の共通点


【ネズミ講ではないと否定しているが〜】

 《与沢翼》は『アフィリエイトや高額塾はネズミ講とは違う』と力説しているが、整理すると《高額塾》と《ネズミ講》には多くの共通点があるので以下にまとめてみました。

 『出したお金の何倍にもなって戻ってくる』と言って勧誘される。

 最初、まとまったお金を出さないと参加できない。

 儲かる為には、同様の勧誘して、同様の人間(子や孫もしくは高額塾の購入者)を増やさないと儲からない。

 しかし、本当に儲かるのは胴元(親もしくは塾の主催者)である。



【大事なポイント】

 この中で大事なポイントは2番目の『儲かる為には、同様の勧誘して、同様の人間(子や孫もしくは高額塾の購入者)を増やさないとお金は儲からない。』所でしょう。

 『アフィリエイトで儲ける』と言って、実際に『金儲け関係の情報商材や高額塾』以外の形で儲けている人間はいるのでしょうか? もしいるのなら具体的に『こういう方法で儲けた』と紹介して下さい。

 結局、与沢翼らが『儲けた儲けた』と騒いでいるけど、それは『金儲け関係の情報商材や高額塾』で儲けただけで、ネズミ講の様に騙される人間がいなくなり、飽和状態になると、商売は成り立たなくなります。


【《やしろひろたみのゲームせどり塾》も怪しい】

 与沢翼が手がける高額塾はアフリエイトばかりではなく、その一例に《やしろひろたみのゲームせどり塾》がありますが、このブログでも資金繰りの面から、その説明はおかしい(嘘)と説明しました。
 最近、『ゲームせどり被害者の会』のキーワードで検索してみると、色々な情報が紹介されていました。 そりゃそうでしょう。私も、Amazonで定価より高く販売されている物が、家電量販店で売られていないか探してみましたが(そんなのがあれば、他の人が、すぐに買ってしまうので)、そんなに簡単に売っているものではありません。

 結局、『《誰でも簡単に儲けられる》という甘い言葉に誘われて、お金を出しても、そう簡単に儲けられるものではない』というのも《高額塾》と《ネズミ講》の大きな共通点でしょう。




posted by 本性を暴け! at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。