2013年04月25日

与沢翼の言葉の裏を読め!


【与沢翼に騙されない為に】

 与沢翼に騙されない為に、与沢翼の言っている事を鵜呑みにするのではなく、与沢翼が言っている事の裏を読む必要があるでしょう。

 最近、与沢翼は必死になって、下記の様な『インターネットビジネススクール』の宣伝をしているけど、ここで使われている宣伝文句も、少し裏を読めばボロが出てくるでしょう。




【相変わらずの大風呂敷】

 無料動画で次の様な事を言っていました。 この言葉だけを聞けば、随分、立派な事を言っています。

 《引きこもり》は社会問題でもあり、《引きこもり》が生活保護を申請すると財政圧迫にもなり、アフィリエイターは自宅でも出来る仕事で、アフィリエイトの教育して、《引きこもり》にアフィリエイトの仕事をさせれば社会にも役立つ。


【従来のお金をエサにした集客方法】

 上記の宣伝のページにも『本気でネットビジネス業界にメスを入れ、一般社会から認められ、日の目をみれる業界へと変えてみせる。』と書かれています。 他にも今まで《改革》や《革命》という言葉を使って、『今までと違った事をやる』という事を必死になってアピールしています。

 しかし、その集客方法は約30万円の『インターネットビジネススクール』が売れるとアフィリエイターに10万円の手数料を支払うという従来のお金を餌にした集客方法を取っています。

 もし、本当に「引きこもりを減らし、社会を改革したい」と考えるのなら『少しでも安く提供する』という事を考えないと、費用の問題で参加できない人も出てくるので『少しでも安く提供する』という事を優先して考えるべきでしょう。

 もし、本当に《革命》や《根本的な改革》を考えるのなら、今まで情報商材のアフィリエイトで金儲けをしてきた人に『今回は《革命》《社会改革》なのでお金儲けを無視して協力して欲しい』と依頼すれば良いし、それに共感した人がいればお金儲けを無視して協力してくれるでしょう。


【与沢翼にはお金関係なしの協力者はいない!】

 結局、今回の『インターネットビジネススクール』も10万円という高額の手数料を支払わないと誰も宣伝してくれないもので、与沢翼にはお金とは関係なしの協力する者はいないと考えれば良いでしょう。

 他にも『このサミットは、私と蝶乃舞さんが一般社団法人ネットビジネス適正管理機構を作り上げた設立記念となっています。 ネットビジネス界に社団法人が出来たというのも驚きの事実だと思うのですが、』などと書いて、必死になって『今までと違う』とアピールしていますが、下記のページを読めばわかる通り、一般社団法人は特別なものではなく、20万円弱のお金があれば作れるものです。
 以上、 与沢翼に騙されない為に、与沢翼の言っている事を鵜呑みにするのではなく、与沢翼が言っている事の裏を読む必要があるでしょう。

一般社団法人とは
http://www.shadanhojin.jp/shadan/index.html




posted by 本性を暴け! at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。