2013年04月04日

これが蝶乃舞の騙しの手口!?


【蝶乃舞とは?】

 《蝶乃舞》とは、最近、《与沢翼》と共謀して『ネットビジネス健全化運動』などと大風呂敷を広げて、また、荒稼ぎをしようと企んでいる人間です。

 2〜3ヶ月前まで《蝶乃舞》の存在を知らなかったので、まず、どういう人物か確認する為にもメールマガジンを申し込んでみたら《蝶乃舞》の本性を暴露できる内容のメールが送られてきたので、皆さんにも紹介したいと思います。


【《資格》という言葉を使って高額塾の販売】

 《新時代の職業》というタイトルで《蝶乃舞》からメールが届いたので、全文紹介すると著作権法上も問題があるので、一部を引用という形で紹介します。 例によって、無駄な空行の多い、読みにくい文章なので(そもそも、あんなメールしか書けない人間の能力を疑います)、読みやすい様に改行を変更しています。

 この養成コースを受講すると、一般社団法人発行の「正式な資格」を得ることができます。これがどのような意味を持つかわかりますか?


世の中にある資格も、
・税理士
・弁護士
・会計士
・医師
など、持っているということで、その人の価値が上がるものばかりです。


【《資格》という言葉の意味】

 まず、《資格》という言葉の意味から説明すると広辞苑には『身分や地位。また、そのために必要とされる条件。』と説明されています。
 しかし、例示されている『医師』について説明すると「医療行為を行う為に必要な資格」であり、医師の資格がないと医療行為を行う事は出来ません。 例えば、(他人に)ピアスの穴を開けるのも医療行為になり医師の資格が必要です。(自分でピアスの穴を開ける事については規制はありません)
 他の『税理士』『弁護士』『会計士』についても『**を行う為に必要な資格』です。

 しかし、今回、《蝶乃舞》が紹介している「スマートフォンコンサルタント」というのは『**を行う為に必要な資格』ではなく、根本的に種類の違うものです。 『一般社団法人**が認定した資格を持っていると名乗る事が出来る』という意味しかありません。 《与沢翼》が馬鹿の一つ覚えの様に『**の会長』と言ったり、『町内会の会長と名乗る事が出来る』というのと大差ないと考えて良いでしょう。
 《資格》という言葉の定義として『間違っている』とは断言できないですが『根本的に違うもの』です。 喩えるなら、同じ紙でも『1万円札』と『トイレットペーパー』で、その価値や用途が、まったく、違うのと同じです。
 《蝶乃舞》は色々と勉強をしている様なので、この違いを知らない筈はなく、『意図的に錯覚させる様に書いた』と考えて間違いないでしょう。


【《蝶乃舞》の本性】

 《蝶乃舞》は動画で「詐欺商材もたくさん買ったけど、自分なら、もっと上手にやれると思った」と言っていました。 この言葉の意味が今回のメールでわかりました。
 表現を変えると「自分なら、もっと上手に騙せる(そして、お金儲けができる)」という意味だったのでしょう。

 《蝶乃舞》について、Googleで検索すると『蝶乃舞のSEX動画』というキーワードで何件か検索されました。 そんなのには興味はないし(と言うより気持悪いし)、詳しくは見なかったですが、他の人の解説によると「 SEX とは関係のない動画(当然といえば当然でしょう)」との事です。 この件も『蝶乃舞のSEX動画』という言葉でアクセスを集めるという姑息なやり方なのでしょう。
 『《蝶乃舞》には恥も外聞もプライドも何もなく、お金儲けしか頭にないのか?』、そして、『そんな事までして金儲けをして子供に恥ずかしくないのか?』と言いたくなります。




posted by 本性を暴け! at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。